子犬のシャンプーはいつからして良いのか?

子犬を自宅に迎えて汚れたり、臭ってきたけど洗って良いのかどうか分からないという質問をよく聞きますが、子犬のシャンプーの時期は自宅で洗う場合と、ペットサロンで洗う場合で考え方が変わってきます。

ペットサロンに連れていく場合

まずは子犬をはじめてペットサロンに連れていくタイミングについてです。うちのお店イソラの基準は

  • 生後4ヶ月以上
  • ワクチン接種から1週間以上

ペットサロンによって基準は違いますが、ほとんどのお店がこれぐらいの基準にしていると思います。

イソラでは生後4ヶ月以降とさせていただいています。シャンプーは子犬への負担が大きく、生後3ヶ月では体力・精神的負担を考えるとお店で預かるのは怖いためです。あまりにウンチで汚れて臭いので助けてほしい!という場合は念のためご家族も同伴という形でならシャンプー致します。

ワクチン接種から1週間後にしているのは、ワクチンは病原体を発症しない程度に弱めたものを直接体内に入れるわけなので、ワクチンを打った数日はワンちゃんの体の中では病原体と体が戦っている状態です。体力のない子犬なので、少しでも体を弱らせれば病原体が勝ってしまうため、安全のためにシャンプーはワクチン後1週間~2週間空けてもらいます。

自宅なら家に慣れて健康な状態ならシャンプーOK

ブリーダーやペットショップから迎えた子犬は、シャンプーしてキレイな状態になっていると思いますが、受け渡しの前にシャンプーで綺麗にしてから渡すのが普通です。生後1ヶ月程度の赤ちゃんの頃でも、ウンチをして走り回るのですごく汚れます。ウンチで汚れてしまったらブリーダーはどうしているかというと汚れた部分を落とすだけの簡単な感じですが普通に洗います。

もちろんブリーダーやお店の方は子犬の扱いやシャンプーに慣れているという部分がありますので、一般家庭で子犬をシャンプーする時のポイントをまとめておきます。

ワクチン接種前後1週間はシャンプーNG

子犬のシャンプーは体への負担が大きいので、ワクチン接種前後はシャンプーを避けてください。

汚れた部分だけをぬるま湯で流す

自宅で洗いたいほど汚れる場合で多いのが、ウンチでお尻や足周りが汚れた時です。部分的に汚れているなら、その部分だけをぬるま湯でパシャパシャ洗ってあげるのが簡単でおすすめです。シャンプーを使う場合は子犬用のものをさらに薄めて使ってみて下さい。

桶などにお湯をためながら洗うと楽です。タオルとドライヤーも先に準備しておきましょう!

どうしても全身を洗いたい場合は手早く

部分的に洗うだけではどうしようもないぐらい汚れて臭くなってしまったという場合は、全身を洗うしかありませんが「手早く、そして優しく」を意識して洗ってあげてください。

子犬だとシャワーの音に敏感だと思うので、怖がらせないために、お風呂場で洗面器や小さなバケツなどにぬるま湯をためてその中にいれて洗ってあげると良いです。

薄めた子犬用シャンプーで優しく声をかけながらササッと洗って、シャンプー剤が残ってしまうと皮膚トラブルになるのですすぎ残しのないようしっかり流してください。顔周りは汚れいなければ無理に洗う必要はありません。

シャンプーを使わなくても、ちょっとお湯をかけてかるく洗ってあげるだけでも違いますよ。

プードルは部分洗いで頑張る!

プードルのように体がモコモコのワンちゃんの場合は、シャンプーからブローまでを短時間で仕上げるのは難易度が高く、自宅での全身洗いはおすすめしません。

チワワやダックスのような短毛種と比べるとシャンプーとブローに時間がかかり負担が大きいためです。短毛種は洗ったらタオルで拭きながらドライヤーをあてれば短時間で乾きますが、プードルは単純に乾かすだけというわけにはいきません。

プードルはブラッシングをしながら乾かさないとモツレだらけになります。毛玉だらけになった子犬が4ヶ月経って、はじめてペットサロンに連れて行くとどうなるかというと、短くカットされてしまいます。毛玉だらけの子犬をブラッシングでとるには負担が大きく、何より最初に毛玉取りという経験をしてしまうと間違いなくトラウマになります。

プードルに限りませんが、自信がない方は部分洗いで生後4ヶ月まで粘って、後はプロに任せた方が安全だと思います。汚れやすい足裏、お尻だけ洗って、体は濡らしたタオルでふいてあげれば余程臭いは大丈夫ですよ。

ストレスと体温低下に注意

洗い終わったらすぐにタオルで体をふいてあげて、ドライヤーで乾かしてあげてください。人間の乳児並の皮膚なので温度には十分注意して下さい。体温の低下で体調を崩しやすいので、最初に乾かすのはお腹周りです。

動物病院が空いている時間にする

生後3ヶ月程度のワンちゃんを自宅で洗ってよくあるトラブルが、ストレスと体温低下で吐いてしまうことがあります。特にシャンプー、ブローで時間がかかった場合に起こりやすいです。全身を洗う場合は念のため動物病院の確認もしておくと安心です。

まとめ

以上、子犬のシャンプーについてでした。

我が家にも2匹のトイプードルがいますが、生後3ヶ月過ぎで迎えました。で、やっぱり元気に走り回ってウンチが足やお尻につく事が頻繁にありましたw

汚れた場合はどうしていたかというと、洗面所へ連れて行って抱っこしながらササッとシャンプーしていました。3分程度でササッと洗う感じですね、ワンコも??という顔をしている間に洗ってしまう感じで。

  1. 桶にシャンプーのアワアワを作っておく
  2. タオル&ドライヤーを用意しておく
  3. 抱っこして洗面所へ
  4. 「いい子だねー」ととりあえず褒めてみる
  5. ぬるま湯でウンチを流す
  6. 「流れたねー」と褒める
  7. アワアワで簡単に汚れを落とす
  8. 「泡だねー」
  9. すすぐ
  10. 乾かして完了
  11. 遊ぶ

大体こんな流れで洗っていました。

絶対に怖がらせないこと、2~3分程度で簡単に洗うこと。が大切ですね!シャワーの音は怖がるので、出来るだけお湯を溜めながら上手に流して上げると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です