食肉(鶏、牛、豚、羊、馬)のオメガ3&6比率

お肉

TVで亜麻仁油が健康油としてよく取り上げられているので、オメガ3という言葉をご存知の方も多いと思います。

オメガ3は油脂に含まれる「脂肪酸」ですが、脂肪酸は大きく2つに分けると、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分類されます。さらに、不飽和脂肪酸の中でも、一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸に分けられます。

多価不飽和脂肪酸は必須脂肪酸とされていて、食べ物から摂取する必要のある栄養素で「オメガ3」と「オメガ6」に分けられます。

犬も同じで、「オメガ3」と「オメガ6」はバランス良く摂取しなければいけない栄養素なんです。

「オメガ3」と「オメガ6」

欠乏してしまうと?

必須脂肪酸(オメガ3、オメガ6)は皮膚炎、関節炎、大腸炎など多様な抗炎症性や免疫調節の特性をもっています。

不足してしまうと皮膚、被毛、内臓などで健康トラブルが起こる可能性があります。

オメガ6の過剰摂取にも注意

オメガ6のリノール酸は体内でリノール酸→ガンマ・リノレン酸→ジホモ・ガンマ・リノレン酸→アラキドン酸へと変換されていきますが、

アラキドン酸から作られるIIシリーズのプロスタグランジンは炎症を活発化させる作用があります。ややこしいのですがオメガ6は”炎症と抑える効果”と”炎症を活発させる効果”の2の性質があるんです。

なのでオメガ6のみ多量に摂取する食生活を続けていると「アトピー性皮膚炎」の症状が出たり「関節炎」の痛み、「大腸炎」では腸内層の腫れを引き起こす場合があります。

大切なのはオメガ3&6のバランス

オメガ3:オメガ6のバランスは細かい数字は書かれているものによって違いがありますが「オメガ3:オメガ6」の摂取比率は「1:2~4」のバランスで考えておけば大きな間違いはありません。

ここでワンちゃんのフードのタンパク源となる肉に含まれている必須脂肪酸の比率をグラフにしてみました。

※鶏…若鶏肉、むね、皮つき、生 / 牛…輸入牛、もも、赤肉、生 / 豚…大型種、もも、赤肉、生 / 羊…ラム、もも、脂身つき、生 / 馬…うま、肉、赤み、生【データは脂肪酸成分表 – 文部科学省より】

馬は部位別のデータがないので、あまり参考にならないかもしれません。

ドライフードによく使われるのが鶏肉ですが、オメガ3&6のバランス比率は最も悪いです。

豚は鶏よりは良くなっていますが、羊、牛の方がさらに良いです。

何れにしても肉のみで考えるとオメガ6は過剰になっていますよね(特に鶏肉)

皮膚炎やアレルギーの炎症が中々良くならないという方は、一度ドライフードのオメガ3とオメガ6のバランスをチェックしてみると原因の一つとなっている可能性も考えられます。

脂肪酸含有量としてオメガ3とオメガ6の含有量も記載されているフードなら問題ないと思いますが、記載がない場合は原材料の油脂をチェックしてオメガ3が含まれているか確認して見てください。

当店で販売しているアーガイルディッシュはラム肉、牛肉がメインでオメガ3&6植物性オイル(フラキシードオイル) を使っています。オメガ3,6のバランスも考えられているフードですが、オメガ3系脂肪酸はとても酸化しやすいという欠点があるため、開封後は1ヶ月以内の消費をおすすめしています。

【名古屋市千種区】アーガイルディッシュ(ArgyleDishes)の取扱店になりました。
オーガニックフードとしては有名なアーガイルディッシュなので、すでにお試しされている方も多いかもしれませんが、イソラで取り扱うドライフードとして『アーガイルデ...

また、手作り食の場合はオメガ3を増やすために

  1. チアシード
  2. 亜麻仁油
  3. DHA・EPAサプリメント

などをトッピングとして使うと便利です。

アーガイルディッシュ以外では手作りサポート食として健康一番を取り扱っていますが、油脂が含まれていないので、トッピングしてあげる必要があります。我が家では今はアーガイルディッシュのチアシードを使っています。

健康一番はぬるま湯でふやかして使う乾燥食材なので、チアシードだと一緒に混ぜて使えるので便利なんですよね。

最近の我が家のワンコフード事情

健康一番、アーガイルディッシュ、サプリメント

最後にちょっとだけ我が家のドッグフードを紹介!(さかい企画の乾燥野菜も使っていますが写真撮り忘れました;)

健康一番、アーガイルディッシュシニア

サカイ企画の手作りサポート食の「健康一番」と「アーガイルディッシュ(エバーラスティングシニア)」がメインです。

ビタミンc,乳酸菌、チアシード

左からアーガイルディッシュのチアシード、ヨーグファーム(乳酸菌+酵素)、C-エイド(ビタミンC)、サカイ企画のDHA+EPA

ビタミンCはフケが多い子や毛がパサパサな子にオススメですよ。

チアシード

アーガイルディッシュのチアシードはオーガニック認証で100gあたり19.4gのαリノレン酸が含まれ、オメガ3&6は3:1の割合で含まれています。 食物繊維も豊富に含まれ、水溶性と難溶性の食物繊維が1対5とバランスがよいのも特徴です。

亜麻仁油だと太りそうだなという方はチアシードがオススメでございます。

お店でも販売していますので、よかったら参考にしてみてください。また、一度現在食べさせているドライフードのオメガ3,6のバランスも確認してみてください^^

お肉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です