ヨークシャーテリア

  • 英語表記 Yorkshire Terrier
  • 原産国 イギリス
  • サイズ 小型犬
  • グループ 3G テリア
  • 体高 15cm~18cm
  • 体重 1.5kg~3kg

ヨークシャーテリアの歴史

ビクトリア時代の19世紀イギリスでヨークシャー地方の労働者がネズミを捕るために作った犬種と言われています。マンチェスター・テリア、スカイ・テリア、マルチーズなどをかけあわせて誕生したのがヨークシャー・テリアです。通称「ヨーキー」。

華やかな絹状の美しい毛から「動く宝石」とも呼ばれ、可憐な容姿と明るい性格で日本でも昔から人気のある犬種です。冒険好きでエネルギッシュ。負けん気が強く、感覚鋭敏で活発、急で小さな動きにも敏感に反応します。ネズミ退治の血が流れているので、感覚が鋭いのでしょうね。

ヨーキーは人の膝の上に乗ったり、抱かれたり、飼い主と一緒に出かけたり、と飼い主に対して甘えん坊な性格で寂しがりやです。強情な気質をもっていますが、とても利口で物覚えがよいので躾も入りやすいです。小さくて可愛いので、つい甘やかしているとワガママに育っていくことが多いです。

ヨークシャーテリアのサイズ及び外観

  • 雄、雌ともに体高15~18cm、体重1.5~3kg
  • 耳は小さく直立しV字型。(基本のトリミングでは耳先1/2をバリカンで刈ってVが綺麗に見えるようにします)
  • 体型はコンパクトで均整がとれていて、背中の線は平ら。頭頂部はやや平らで小さい。
  • 耳は小さく直立しV字型。(プロのブリーダーは耳を立ちやすくするために耳の毛をそっているので、黒い地肌が見えます。)
  • 眼は暗色でブラックの縁取りがあって、キラキラ輝いて知的です。
  • 鼻はブラック。
  • 尾が短いのは生まれて間もなく適当な長さに断尾されているため。

お手入れについて

ヨーキの被毛は光沢のある絹糸のような長毛で、背中と尾毛色は「スチール・ブルー(ブラックではなくスチールブルー)」が一般的ですが、「スチール・グレー」になることもあります。頭の飾り毛、胸部、かかとは「ゴールドがかったタン」。耳、耳のつけ根、マスクではより濃い色になります。四肢は明るいタンになります。

コートを良いコンディションで保つには毎日のブラッシングがかかせません。トップノットを伸ばす場合は、頭部の中心にまとめてリボンやゴムで結んでおきます。コートを伸ばしたい方は椿油やアーモンドオイルなどをつけてラッピングをして二日に1度ぐらいはラッピングを取り替えてブラッシングしてあげてください。

シングルコートなので換毛期はありませんが、全く抜けないというわけではなく、人間の髪の毛と同じように常に抜けて生え変わっています。抜けた毛を残してしまうともつれの原因になるので、毎日のブラッシングが大切です。

犬種的に脂が多いので、ペタペタや臭いが気になった時は、トリミングサロンでシャンプーしてもらうか、自宅で洗ってもよいと思います。例えば2ヶ月に1回のペースでお店に連れていくなら真ん中の1ヶ月目は自宅で洗うなど。犬用のシャンプーを使ってリンスもしっかり付けて下さい。シャンプーだけだと洗いあがりがゴワゴワでもつれやすくなります。

ブラッシング用のスプレーがあると櫛通りが良くなるので一つ用意しておくと良いかと思います。毛質が人間の髪の毛に近いので、ブローも同じような感じでやってあげれば大丈夫です。

必要なブラッシング道具

  • ピンブラシ ・・・ 通常のブラッシング用
  • スリッカー ・・・ もつれとり用
  • コーム ・・・ 整毛用
  • ラッピングコーム ・・・ ラッピング用分け目ブラシ
  • 獣毛ブラシ ・・・ 艶出し用ブラシ
  • ゴム ・・・ トップノットを伸ばす場合
  • グルーミングスプレー ・・・ 静電気対策、櫛通り、トリートメント効果

ゴムを使って縛る場合はモビロンゴムやエステティックゴムと呼ばれるものが毛が絡みづらいのでオススメです。

食事の栄養も考える

毛づやを良くするためにはブラッシングだけなく、ビタミンEやビタミンBを補給するなど、食餌の管理も必要になります。

カットスタイル

ヨークシャーテリアは毛を伸ばしていくスタイル、短く刈り込むスタイルの大きく2つのスタイルに分けられます。

本来はグルーミング犬種に分類されるので、全身カットをしなくても部分カットでスタイルを保てる犬種です。足周り、お尻周り、目の周りの部分的なカットはほとんどのペットサロンではシャンプーコースに含まれています。

By: Petful

全身を短く刈り込んだり、顔を短く丸くしたいという場合は全身カットコースになります。ロングコートを維持する場合は自分でトップノットを結び直したり、毎日丁寧にブラッシングをしてあげなければならないため、普段のお手入れを楽にするために短くしている人も多いですね。

運動量は室内で遊ばせるだけでOK

ひとりでも室内でしょっちゅうよく動き回るので、それだけでもある程度の運動量になります。時間が空いたときに飼い主さんがボール遊びなどをしてあげて、軽い散歩をしてあげれば十分な運動量になります。細かいことが気になる神経質なコも多いので、外で激しく遊ぶよりは室内で運動させてあげた方が向いている犬種だと思います。

小さい犬種で膝蓋骨脱臼になりやすいため、室内のフローリングの滑り対策として滑らないワックスを塗るか、カーペットをしいてあげると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です