トイレの広さは個人サロンで日本一かもしれない。

名古屋は雨風が強く当日予約でご来店される方はいないと思うので、のんびりブログを書いています。

ほとんどのお客様にとっては関係のないイソラのトイレについて。

小規模のトリミングサロンなので、お客様用というよりは主にスタッフが利用する事を想定して設計したのですが、お店が出来上がってみるとイメージしていたよりも広かったのがトイレです!

少し広めにはしたいと思っていたのですが、謎の贅沢な空間になってしまいました。

トイレのドアとドッグバスのドア

左のドアがトイレで、右の引き戸がドッグバスとバックヤードになります。

トイレの中 トイレの奥

写真だと全く伝わりませんが、広くて清潔で快適なので落ち着けます。正直かなり満足しています 笑

ちなみに店内とは雰囲気を変えて、床材は木目調にして壁は落ち着いた色のクロスを選びました。

コンセプトはホッと落ち着けるトイレです!

トイレはPanasonic製品

トイレメーカーはTOTO、LIXIL、Panasonicの3つが日本では上位シェアですが、コストを考えてPanasonicのアラウーノSⅡを設置しました。(お店を作る時にTOTOの値段を調べてビックリしました;)

アラウーノの特徴は食器用洗剤の泡を使って自動洗浄してくれるのです。LIXILのトイレはコンパクト設計でPanasonicは少し大きい分ゆとりがありますね。

横にケースを開けると洗剤を入れるボトルが入っています。

常に泡泡なのでサボったリングなどが付きにくくすごく綺麗なんです。TOTO、LIXILと比べるとコスパの良いパナソニックのトイレですが、弱点としては陶器を使っていないので、傷つきやすいためブラシ掃除に注意が必要な事ぐらいです。

自宅はLIXILですが、Panasonicの方が泡洗浄のおかげなのか全然汚れないんですよね。

以上、イソラのトイレ事情でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です