柴犬

  • 英語表記 Shiba Inu
  • 原産国 日本
  • サイズ 小型犬
  • グループ 5G 原始的な犬・スピッツ
  • 体高 40cm前後
  • 体重 9kg前後

日本古来の土着犬として広くしたしまれている犬種。実は天然記念物に指定されていますが普通に飼えます。シバは「小さい」という意味に由来すると言われています。起源ははっきりと分かっていませんが、スピッツの系統を受け継いでいると考えられています。日本海側の山岳地帯に生息し、産地により少しずつ違いがあったようです。

比較的小型で均整が取れ、しっかりした骨格、筋肉がよく発達しています。全体として素朴な印象があり、動作は敏捷、活発によく働きます。忠実で従順。感覚鋭敏で、警戒心が強く、大胆、勇敢。飼い主だけに忠実な傾向があるので、早くから他人にも慣れさせるようにしましょう。

柴犬の歴史

柴犬は日本犬の純血種6種類(秋田犬、甲斐犬、紀州犬、柴犬、四国犬、北海道犬)のひとつで、昭和11年に国の天然記念物に指定されています。

そのルーツは非常に古く縄文時代にまでさかのぼることになると言われており、縄文遺跡から柴犬と同じぐらいの大きさの小型犬の骨が発掘されたり、古墳時代の埴輪や弥生時代の銅鐸に描かれている犬の姿が「立った耳、巻いた尻尾」と、まさに柴犬の特徴をしていたそうです。

柴は”小さいもの”という意味

「柴」は、日本の古い言葉では「小さいもの」という意味があったと言われ、小型の犬のことを「柴犬」と呼んでいたという説があります。そういった歴史があるため、柴犬は小型犬に分類される事もあります。

また、柴犬は地方によって特徴が違い、それぞれの呼ばれ方があったとされています。群馬地方では「十石柴」、長野地方では「信州柴」、岐阜地方では「美濃柴」「飛騨柴」、山陰地方では「石州柴」「因幡犬」と呼ばれていたそうです。ちなみに、信州系の柴犬が現在の基本形になりますが、山陰系の美濃系の系統とは遺伝的に異なり、山陰系の柴犬は遺伝的には朝鮮半島系で、美濃系は毛色の赤味が濃いものでした。

さらに、現代の柴犬は、その風貌から「信州犬タイプ」「縄文犬タイプ」二つの系統に分けられます。

  1. 「信州犬タイプ」は横から見た場合に、正面から見ると頬がまるく張っていて、首も太くしっかりしています。顔つきも額から鼻先にかけてのラインにストップ(段差)がはっきりあります。
  2. 「縄文犬タイプ」はストップがほとんどなく、細面で面長。体つきは全体にすらりとしていて、ひきしまっています。

 

※画像はアイリスペットより

※画像はアイリスペットより

柴犬は主人に対しての忠誠心が強く、他の人にはなかなか慣れない性格だと言われます。警戒心、野性味が強いため、他の犬や来客に吠えかかる、頑固というような飼育上の欠点につながることもあります。子犬の時からきちんとしつけをしましょう。

柴犬のサイズ及び外観

外見では、雄らしさ、雌らしさが顔つき、体つきに割りと差がある犬種です。オスはクールで凛々しく、メスの方が柔らかい顔立ちをしていることが多いですね。とはいっても、中にはキリッとしたメスもいるので判断が難しいこともあります。

  • 体高は、雄38~41㎝、雌35~38㎝
  • 体高と体長の比率は100対110で、メスは体長が少し長い。
  • 体重は、オス9~11kg、メス7~9kg
  • 頭部は、額が広く、頬はしっかり張っている。
  • 耳は三角形で肉厚。やや前傾していて生後一ヶ月くらいで耳が立つ。
  • 目はやや奥目で三角形、キリッとした目尻で瞳の色は濃い茶褐色。目は正面を見据えており目の間の幅は狭い方がよい。
  • ストップははっきりとしていて、額からマズルまでは緩やかな曲線。ストップから「後頭骨のてっぺんまでの長さ」と「鼻先までの長さ」の比率は3対2が好ましい。
  • マズルは厚みをもった丸さがあり、鼻はよく湿っていて艶があり黒い。
  • 前胸がしっかり発達していて、胸部は卵型が理想。胸は深くあばらが適度に張っている。
  • 背中は真っ直ぐで発達している。腰は広い幅を持ち、まっすぐなラインで臀部につながっている。
  • 前肢は体と同じ幅でまっすぐに伸び、後肢は筋肉が引き締まった大腿部と力強い飛節、指はよく締まっている。
  • 尾は太くて力強い。尾の先端が根元より上に立っている「立ち尾」で、さらに尾の状態で「巻き尾」と「差し尾」に分けられる。くるんと丸まった「巻き尾」が多いが、巻かずに鎌の刃のように半円状に巻いていて、背中に並行に延びる「差し尾」もいる。太くてふさふさしている尾の裏側は白く、下に下ろすと先が飛節に届くくらいの長さがある。
※画像はアイリスペットより

※画像はアイリスペットより

最近は通常のサイズよりも小さい「豆柴」と呼ばれる柴犬が人気を博していますが、豆柴は犬種として公認されたものではありません。成犬のオスでも体重は10kg未満の体重7~8kgぐらいで、やや丸顔でくりくりとした目でかわいいのですが、まだ小型化として遺伝的には安定していません。現在は犬種スタンダードからいえばスタンダードから少し外れた小さい柴犬にすぎないということです。

柴犬の被毛とお手入れ

「柴犬」という名前の由来に「毛色が柴の枯れた色に似ているから」というものがあるように、そのポピュラーな毛色は「赤」でほぼ8割を占めると言われます。生まれた時には濃い目の色で、育つにつれてだんだん淡くなるので、濃い色の子犬の方がきれいな赤色になります。

  • 赤毛
    柴犬の約80%を占める代表的な毛色です。日の当たる表面は美しいキツネ色で、顔の下や腹・胸などの裏面は「裏白」と言って白毛をしています。
  • 黒毛
    最近人気が出てきている毛色で全体の1割程度を占めます。光沢のない鉄錆色をした黒毛で、剛直な毛質と相まってワイルドな毛色に見えます。両目のすぐ上に「四つ目」と呼ばれる白い斑点が特徴です。赤毛と同じく裏白があります。
  • 白毛
    こちらも最近人気が出てきている毛色で全体の1割程度を占めます。全体的に綺麗な白色をしています。黒毛になり損ねた子が白毛として生まれてきますが、展覧会では認められていない毛色なのでブリーダーさんによっては作出していないこともあります。
  • 胡麻
    数は少ないのですが赤、白、黒の3色が全体に混じりあった「胡麻」があります。全体に黒っぽいのが「黒胡麻」、赤っぽいのが「赤胡麻」です。

どの毛色でも体全体では色の濃淡があります。頬からあごの下、首にかけて、胸の下、腹、四肢の内側、尾の裏側などは白に近い淡い色になっていますが、それは「裏白」と呼ばれ、柴犬の特徴として上げられています。口吻の裏の白いマーキングが柴犬の特色です。

お手入れ

日本犬に共通する硬いストレートの短毛で、上毛は「ガードカバー」の硬い毛、下毛は「アンダーカバー」の柔らかい毛の二重構造(ダブルコート)になっています。お手入れについては難しいものはありませんが、春先から初夏にかけて大量の抜け毛が出ます。梅雨時を快適に過ごすためにも、こまめにブラッシングをするなど、お手入れをキチンとしてあげましょう。

柴犬の抜け毛対策用のグッズとしては、ラバーブラシが値段も安く扱いも簡単ですが、ファーミネーターやピロコームといった便利グッズもあります。ピロコームは緑色の硬めタイプが柴犬の毛に適しています。

室内で飼う場合は爪の伸びすぎに注意して、フローリングで滑らないよう床にはマットなどを敷きましょう。 定期的な歯磨きで歯石の沈着を防ぎましょう。

柴犬の病気

純血種によく見られる遺伝的にかかりやすい病気というものは、柴犬には特にありません。体質的に丈夫な犬と考えられていますが、先天的に膝蓋骨がおさまる溝が浅かったり、ノミに噛まれたことで皮膚炎になるコはいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です