自宅でトイプードルの耳掃除のやり方

トイプードルを飼いはじめて耳が汚れているので、耳掃除をしてあげようと思っていても、犬を飼うことがはじめての人は耳掃除のやり方、耳のお手入れ方法をどうしたらいいか分からないという人も多いと思います。

例えば、耳のどこまで綿棒を入れていいのか、耳周りの汚れの落とし方や、掃除の手順やコツなど。そんな疑問をお持ちの方に、今回はプードルの耳掃除について書いてみました。

耳掃除の方法

イヤーローションとコットン
・必要な道具

  • イヤークリ―ナー(耳の洗浄液・イヤーローション液)
  • コットンや布、タオル

耳掃除のタイミングは2週間に1度。または耳の汚れが少し気になった時です。プードルのように垂れ耳の犬は通気性が悪いので、耳の中で汚れがたまり蒸れてしまうと細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

外耳炎を予防するためにも、定期的に耳の様子を見るついでにケアしてあげた方が良いですね。

写真のイヤーローションはオーガニックメーカーソフィア(SOPHIA)の イヤーローションでノンアルコールで優しいですが、その分汚れを落とすパワーは控えめ。アルコール入りの方が汚れはよく落ちますが、耳が敏感なコは嫌がることもあります。ペットサロン、動物病院等でよく使われているのはノルバサンオチックですね。

普段の耳掃除のやり方

コットンで犬の耳を拭く
  • 洗浄液をコットンに含ませて、指の届く範囲で耳の汚れを軽く拭き取る

これだけでOKです!健康なワンちゃんの耳でしたら、2週間に一度ケアしてあげればそれほど汚れがつかないので、これだけ綺麗になります。

トリマーの場合は、カンシにコットンを巻きつけて綿棒をつくり、奥から汚れをかき出しますが。犬の耳の粘膜はとても繊細でキズをつけやすいので、自宅でやるのはおすすめしません。トリマーでも傷つける事がある程ですので。

また、犬の耳は構造は人間と違ってL字型の鼓膜があり、綿棒で汚れを奥に押しやってしまうとドンドン奥に耳垢が蓄積されてしまう恐れがあります。綿棒での耳掃除はお勧めしません。

もしも奥の方から綺麗にしたいなら次の方法が安全です。

丁寧な耳掃除のやり方

  1. 洗浄液を耳の中に直接入れます(シャンプー剤はNG)
  2. 耳の根元をマッサージするように揉みます。クチュクチュ音が聞こえる程度に洗浄液を入れて大丈夫です。
  3. マッサージをすることで洗浄液の成分によって汚れが浮き上がります。
  4. 最後に、犬が頭をブルブル振ると、奥から洗浄液と一緒に汚れが飛び出てくるので拭き取って完了。

汚れが飛び散ることもあるので、お風呂場で作業するのがおすすめです。1度ですべて落としきろうとするのではなく、一日一回を目安に、1、2週間続ければ綺麗になります。

ただ、外耳炎が進行している場合は鼓膜が破れていることがあるので、自分で耳掃除をする前に、一度動物病院で獣医さんに診察してもらって下さい。鼓膜が破れている状態では洗浄液は使えません。

耳掃除の分かりやすい解説動画

プードルの耳毛問題

プードルやシュナウザーなどは耳の穴の中から毛が伸びていて、放置するとボーボーになります。

プードルの耳毛

(↑うちのトイプーですw これぐらいボーボーになると、指先で2回だけピッピッと抜きます。もう8歳になりますが、外耳炎になった事はありません。)

実は耳毛の処理については議論の余地がある問題とされていて、最近では、まるで「長年の仇敵」のように「耳毛憎し」とばかりに1本たりとも残さず引っこ抜く、というトリマーや獣医は減ってきました。

  • 自然に生えているものを抜く必要はあるのか?
  • 抜いた毛穴から炎症を起こすのではないか?
  • 抜いた刺激で犬が気にして掻きむしるのではないか?

といった事から、「抜く場合はある程度にとどめる。」または「長い毛だけ切って処理する」という考え方も増えてきています。

そもそも耳毛が残っていたら本当に外耳炎になりやすいかどうかという検証データがないんですよね。

耳毛の処理はペットサロンや動物病院に任せるのが一番良いと思いますが、もしもご自身で処理される場合は「指で少し抜く」、「先の丸いミニバサミ(鼻毛カット用や眉毛カット用など)を使って切る」程度でよいかと。

もしも、耳が少し赤く炎症を起こしている時は、耳毛を抜く事による刺激で炎症が起こり、さらに炎症が悪化する事もありますので、危険をおかしてまで抜く必要はありません。

耳掃除も耳毛処理も一回で綺麗にするのではなく、2週間かけて綺麗にしていくぐらいの気持ちでお手入れをしてあげたほうが耳に優しく、健康な耳を保てると思いますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です