パピヨン

  • 英語表記 Papillon
  • 原産国 フランス
  • サイズ 小型犬
  • グループ 9G 愛玩犬
  • 体高 20cm~28cm
  • 体重 2kg~4kg

パピヨンはフランス語で「蝶」を意味する犬種です。顔から両耳にかかる長い毛の模様が蝶々が羽を広げたところに似ているところからその名前がつけられたのですが、英語では「バタフライ・スパニエル」とも呼ばれています。小さな丸い顔、気品ある歩き姿で人気が高い犬種です。それほど目立つ病気もなく丈夫で環境への順応性が高く、まわりのものごとへの好奇心も旺盛です。性格は、明るく友好的で、甘えん坊。飼い主の態度に敏感に反応しますが、自己主張は強く、勇敢なタイプです。

パピヨンの歴史

パピヨンは優秀な牧羊犬で、スペインのスパニエルの一種を祖先としています。16世紀に改良されて”小さなスパニエル”と呼ばれていたドワーフ・スパニエルです。中世のスペイン宮廷やフランス王室で寵愛を受け、マダム・ポンパドールやマリー・アントワネットといった歴史上の人物も、この小型でスマートな犬をこよなく可愛がったと伝えられています。

立ち耳だけでなく、たれ耳のタイプもいて、「ファレーヌ」と呼ばれますが、これはフランス語で「蛾」という意味です。一般的には立ち耳の方が有名ですが、もともとの原型はこのたれ耳だったと言われています。子犬の時には耳がたれていますが、成長とともにだんだん立ち上がっていきます。パピヨンはたれ耳タイプも認められていて、アメリカでも「蛾」を意味する「ファーレン」と呼ばれ、ヨーロッパでは「エバニエルナン(一寸法師のスパニエル)」、あるいは「コンチネンタル・トイ・スパニエル」と呼ばれています。

活発、利口、大胆、独立心旺盛、遊び好き、そしてハイテンションと、とにかく活発で甘え上手なので子犬の頃にしっかりとしつける事が大切な犬種です。

パピヨンのサイズ及び外観

  • オス犬は体高20~28cm、体重4.5kg前後。メスは体高20~28cm、体重は3.5kg前後
  • 体高より体長の方がやや長めで、背の線は水平なのが望ましい。
  • 四肢は真っ直ぐで、スマートに伸びている。
  • 大きいアーモンド型の瞳で、眼色は暗色でブラックの縁取りがある。
  • 鼻は先端がやや平らで丸い。鼻の色はブラック。
  • 頭蓋は小さく丸みがある。
  • 尾は高い位置でリスの尾のように背負っていて、飾り毛が豊かで背中にアーチを描いている。
  • 耳は、蝶が羽を広げたように幅広で大きく、先端に飾り毛がある。
  • 口吻はとがり、頭蓋よりかなり細い感じ。
  • 生まれた時は白い部分より黒い部分、あるいは茶色い部分が多いが、だんだん淡く白っぽくなる。

パピヨンの被毛とお手入れ

光沢のある絹状の被毛は、とくに胸、前肢のうしろ側、尾の部分が長くなっています。後肢は乗馬ズボンをはいたように、美しい長い被毛が生えています。下毛がほとんどないシングルコートなので、お手入れにはそれほど手がかかりません。

と、シングルコートがパピヨンといったイメージですが、ダブルコートになっているコもいます。毛をかき分けてみて地肌が見えないようならダブルコートです。アンダーコートはもこっとした感じで地肌を覆っています。すぐに地肌が見えるようでしたらシングルコートです。換毛期に毛は抜けますがポメラニアンほど抜けるということはありません。

公認されている毛色はパーテイカラーのみで、ホワイトの地色にブラックやブラウンの斑が、頭頂部を含めて耳と眼にはいっているのが理想とされます。

必要なブラッシンググッズ

  • ピンブラシ・・・コートを痛めずに伸ばすことができます。
  • スリッカー・・・もつれをとる時に適しています。
  • コーム・・・仕上げに使います。

お手入れは楽な犬種

見た目はゴージャスなので、知らない人からすればお手入れが大変に思われる事も多いのですが、実はトリミング不要でお金がかからない犬種です。

コートの手入れは週に2回、ピンブラシを使って軽くブラッシングをする程度でOK。非常にお手入れが楽な犬種で、自宅にいる時間が少ない一人暮らしの人でも、しつけさえしっかりすれば、飼いやすい犬種です。

甘えん坊ですが、要求が強い性格をもっているので、犬に振り回されない性格の人が向いていると思います。

参考動画

ピンブラシとコームでブラッシングをしています。グルーミングスプレーも一本用意しておくと、コートの保護・静電気防止の効果があるので便利です。

Instagramのおすすめパピヨンアカウント

wasabi279さん

りりにこさん(@wasabi279)が投稿した写真


りりぃとnicoの2匹のパピヨンの関係が微笑ましい日常の様子がアップされています。ルンルンしたりガウガウしたり遊んでいても忙しそうな2人の物語です。

性格はトイプードルと似たところがあり

IQが高く、運動能力、訓練性が優れているところなどトイプードルと割りと似ています。ただ、トイプードルはツンとしていてある意味冷めた部分がありますが、パピヨンは基本的にテンションが高いです!

プードルのように定期的な全身カットがいらないと考えると、トリミング費用も抑えられ、飼いやすい犬種といえますね。甘えん坊気質なので、甘やかさないことが大切で、良いこと悪いことをハッキリ伝えればしっかり覚えてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です