ミニチュア・ピンシャー

  • 英語表記 Miniature Pinscher
  • 原産国 ドイツ
  • サイズ 小型犬
  • グループ 2G 使役犬
  • 体高 26cm~32cm
  • 体重 4kg~5kg

ドイツで育てられた、テリア種の攻撃的な性格を備えた小型犬種です。20世紀初頭のドイツでは大変人気があった犬種です。まるでドーベルマンを小さくしたような引き締まった美しい体型が特徴。よく吠えるので、番犬などとして使われてきました。

活発で、元気がよく、利口、快活、機敏。自尊心が強く、大胆、怖いもの知らず。がんこで独立心が強い。飼い主にはよくなつきますが、見知らぬ人にはいつまでも警戒心をとかないようなところがあります。

ミニチュア・ピンシャーの歴史

ミニチュアピンシャーの子犬

ピンと立った大きな耳、スリムな体に細い足から繰り出す卓越したジャンプ力と前脚を高く上げて歩く姿。走っている姿は犬というよりは「バンビ」のイメージかもしれません。

ドイツ原産のこの犬は、英語圏の国では”ミニピン”という愛称で呼ばれますが、ドイツでは”レイピンシャー”という名前も持っていて、この”レイ”とはドイツのラインランドの森に住むノロジカのことなのです。

ドイツでの正式名称は”ツベルクピンシャー”で、ピンシャーは「テリアのような小さな犬」という意味です。

ドーベルマンの小型版といった印象ですが、育種の土台となっているのはこれらの犬種の中では最も古いジャーマンピンシャーとされています。ドーベルマンもジャーマンピンシャーを基礎とされており、ドーベルマンを小型化したのがミニチュアピンシャーというわけではありません。同じ祖先犬をもつため容姿が似ていますが直接の血縁関係はないとされています。

ミニチュアピンシャーは数百年前に小型化され、ドイツでは「ツベルク・ピンシャー」と呼ばれましたが、ドイツ以外の国での知名度はそれほど高くありませんでしたが、1900年に開催されたシュツットガルトのドッグショーに出陳されてから、各国に知られるようになりました。

番犬向きの性格

警戒心が強く、大きな声でよく吠えるので番犬向きとされますが、ムダ吠えをしないようなしつけが必要です。

家族に対しては愛情深く、よい遊び相手として子供のいる家庭にも適しています。陽気で活発な性格ですが、自尊心も強く、甘やかしすぎるとアルファシンドロームの原因になります。運動量の多い犬なので、毎日の散歩を欠かさず、時にはドッグランで走らせてやるなど、しっかりエネルギーを発散させて下さい。

ミニチュア・ピンシャーのサイズ及び外観

  • オス、メスともに体高は25~32㎝、体重は4~4.5kg
  • 均整のとれたスクエア・タイプ。深い胸部と引き締まった背中をもつ。
  • 頭部はV字型、頬と唇は小さくよく引き締まっている。
  • 眼は両眼が離れており、アーモンド型。
  • 眼色はダークブラウンかブラック。
  • 背中の線は後方に向かってわずかに下がっている。
  • 前肢は適度に長くまっすぐで、後肢は筋肉がよく発達している。
  • 耳は自然のままか、直立するように断耳する。

ミニチュア・ピンシャーの被毛とお手入れ

被毛はスムースで、硬く光沢があります。毛色はレッド、あるいはタンのマーキングのあるブラック、さび色のマーキングのあるチョコレートです。

  1. ブラックタン
  2. チョコレートタン
  3. レッド

短毛なのでお手入れはラバーブラシまたは獣毛ブラシが使いやすいです。ブラッシングと湿られたタオルでマッサージするように拭いてあげましょう。お手入れは非常に楽な犬種です。

寒さに弱いので、冬は服を着せたりペットヒーターを入れるなど防寒対策が必要です。

ミニチュア・ピンシャーの健康管理となりやすい病気

犬種としての病気はそれほど目立つものはありませんが、糖尿病、パターン脱毛、進行性網膜萎縮などがみられます。

体は小さくてもテンションが上がって飛び回るところがありますので、座面の高いソファーから飛び跳ねて思わぬ怪我や骨折をするケースがあるので、注意しておいた方がよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です