ミニチュアシュナウザー

  • 英語表記 Miniature Schnauzer
  • 原産国 ドイツ
  • サイズ 小型犬
  • グループ 2G 使役犬
  • 体高 30cm~35cm
  • 体重 7kg前後

容姿からはイギリス産のテリアとも思えますが「ドイツ産のテリア」といわれているのがシュナウザー種。ミニチュアシュナウザーは19世紀に小型化された犬種で、そのころは、農作業やネズミ捕りなどのために使われていたようです。シュナウザーはドイツ語で「口ひげ」のことで、口元の長い毛が口ひげに見えることから、そう呼ばれるようになりました。

ガッシリしたスクエアな体型。動きが素早く、活発でタフ。利口で勇敢、怖いもの知らず。忍耐強い性質をもっています。飼い主には忠実ですが、知らない相手には心を許さない一面を持っています。やや攻撃性もあるので番犬の役割も出来ます。

ミニチュア・シュナウザーの歴史

ふわりとした長い口ひげと、思慮深そうなまゆ毛、足の長い飾り毛がトレードマークになっているシュナウザー。シュナウザーはドイツ語で「小さなヒゲ」の意味で、原産国ドイツでは「ツボルグシュナウザー」とも呼ばれています。

シュナウザーそのものは、スタンダード・シュナウザーをベースにして、アーフェン・ピンシャーやプードルを交配してつくられたとされています。血統にはイギリスのテリア種が入っていないことから、JKC(FCI)のグループ分けもテリアではなく使役犬に分類されます。分類は使役犬ですが、見た目・気質はテリア系そのものです。

賢く、自分で考えるため機転もきき、こわいもの知らず。見た目は生真面目なのに、にくめない性格が人気で、最も人気のあるテリア種と言われます。

体も丈夫で飼いやすいのですが、性格はテリア系の頑固さがあり、飼い主には忠実。テリア系と考えると闘争心が少ない犬種ですが、他の犬に対しては気を許さない傾向があります。一度、気分を損ねたりして攻撃を始めると、しつように吠えたり、かみついたりします。

そういった性格から子供、老人のいる家庭では攻撃的になることがあるので、しつけが重要になります。食欲が旺盛で、よく食べるので運動と食事管理に気をつけないと太りやすい犬種でもあります。

ミニチュア・シュナウザーのサイズ及び外観

  • 雄、雌ともに体高30~35㎝前後、体重は4.5kg~7kg
  • 鋭い表情。
  • 深い彫りの目は、濃い褐色。
  • 全体の体高体長はスクエアで、四角ばった体型で筋骨たくましい。
  • 耳は断耳していなければV字型に垂れて、断耳すれば頭頂に直立する。(断耳は生後8~12週に行う)
  • 尾は断尾して短く、高い位置につく。

ミニチュア・シュナウザーの被毛とお手入れ

密生してザラザラしたダブルコートで、ワイヤー状の上毛、短くやわらかい下毛。四肢や体の下方の毛は長くふさふさしています。被毛は、ハードコートのアウターコートにアンダーコートを持つダブルコートですが、抜け毛、換毛はほとんどありませんので、アレルギー体質の方も一緒に生活しやすい犬種でもあります。

毛色は、ソルト&ペッパー、ブラック、ブラック&シルバーなどがあり、眉毛、ひげ、あご、のどは霜降りではなく、ライト・グレーかシルバー・ホワイト。ブラック&シルバーの場合は、ベースカラーは黒。

基本のお手入れ

ミニチュアシュナウザーは、ダブルコートにもかかわらずほとんど抜け毛がありません。また匂いも非常に少なく、犬アレルギーの方や、小さなお子様がいらっしゃるご家庭で飼いやすい犬種でもあります。

    1. 被毛の日常のお手入れでは、スリッカーブラシで毎日ブラッシングします。
    2. 口ひげ、まゆ毛や、おなか回りの長い毛は、クシを使ってよくとかしてあげましょう。
    3. 食事の後には口ひげが汚れるので必ず食べかすをふき取ることも必要です。
    4. シャンプーは、月に1度~2度の頻度でおこないます。
      犬用シャンプを使用し、皮膚病予防のためシャンプー剤はしっかりと洗い流し、乾燥も完全におこないます。
    5. 1~2カ月に1回の頻度で、トリミング、クリッピング(バリカンカット)をお勧めします。
      毛を硬くするためにプラッキングという毛抜きをすることもありますが、ドッグショーなどに参加する目的でなければ必要ありません。お店でも探せばやってくれるところはありますが、毛を抜く作業は自宅で少しずつやってあげる事が大事なので、こだわる方はトリミングナイフを購入してプラッキングをしてあげてください。成犬になってから急にはじめるのは難しいので、やるなら子犬の頃からですね。

カットスタイル(参考動画)

バリカンを使ったペットクリップのやり方ですね。

ドッグショーのコートを作る時はこのようにナイフで毛を抜いて仕上げていきます。プラッキングをする場合は、計画的に子犬の頃からするべきで成犬になってから急に抜きはじめるのは難しいです。

ミニチュア・シュナウザーの病気

  • 眼疾患
  • 白内障、進行性網膜萎縮症
  • フォンウィルブランド病
  • 尿石症
  • 停留睾丸
  • 肺動脈狭窄症
  • レッグ・カルベ・ペルテス症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です