生後4ヶ月、はじめてのトリミング体験

トイプードルの子犬ブラック

今日は子犬のワンちゃんの初トリミング。

大切にされている可愛い子犬のシャンプーやカットのご依頼を頂けるのは本当にうれしいです。現在は1人トリマーということもあり、店内に他のワンちゃんもおりません。(うちのコ達がウロウロしている事はありますが 笑)

子犬のはじめてのご予約は初回30%OFFでやらせて頂いていますが、あやしながら出来る範囲での仕上げとなるため料金を安く設定しています。完成度については正直やってみないとどこまで出来るか分かりません。作業的には成犬よりも気を使います^^;

ちなみに子犬のシャンプー、カットは店内でご覧になって下さっていても大丈夫です。

ご家族の方に助けを求めるかもしれませんが、助けがないとわかると大人しくなったり、逆に飼い主様が保定してあげると落ち着く場合と様々です。

「爪切り、シャンプー、ブロー、体のカット」は動いててもある程度どうにかなりますが、「お顔のカット」だけは飼い主様にお手伝いをお願いすることもあります。

はじめてのトリミングの場合どこを重点的にカットするか!?

見上げるトイプードルの子犬

汚れやすいお尻周りはしっかりとカットします。また、お顔周りは出来るだけ綺麗にしてあげたいと考えています。動いてしまう場合は綺麗に丸くというのは難しいのですが、目にかかる部分だけは処理できるように努力しています。

顔周りははじめて見る鋏が怖かったり、顔をもたれるのを嫌がる場合が多いので、あやしながら無理をせずにカットしていきます。頭の上の毛や目の前にかぶさってくる毛など、目元周りは気になる部分なので、しっかりカットしてあげたいなと思っています。

今回はご家族の方に抱っこしてもらってお顔を整えました;

体の毛はどのぐらい残す?

生後4ヶ月のはじめてのトリミングで体をバリカンでガッツリ短くカット!というのはせっかくの子犬の毛がなくなってしまうのでオススメしませんが、毛玉が多ければ短くするケースもあります。はじめてのトリミングでブラッシングで無理に毛玉をとる作業をすると、お店が嫌いになってしまう可能性があるため必要であればバリカンも使います。

ただ、基本的には子犬のフワフワした毛は残したいので、体は長めに揃える感じでやらせていただく事が多いですね。

このコも体はざっと揃える感じで、お尻をスッキリ、最後にお顔を慎重にカットしていきました。

生後4ヶ月のはじめてのシャンプーやカットはお店に慣らす目的で簡単に仕上げておいて、2~3回目のトリミングで残したい長さをトリマーに伝えてカットしてもらうという形がおすすめです。

子犬のトリミングは気を使いますが、可愛いので全てが許されるのです。

トイプードルの子犬ブラック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です