皮膚・被毛への優しさで選ぶ、おすすめの犬用ペットシャンプー

犬のシャンプーについて検索してみたら、よく分からないランキング記事が検索結果に多く表示されていたので、ご自宅で使用するシャンプー剤について書く事にしました。

トリマーからすればおすすめシャンプーランキングに薬用シャンプーを入れている記事はその時点で???となります 笑

薬用シャンプーはトリマーが使う場合もかなり慎重に扱うシャンプー剤なので、獣医さんから処方されない限り必要はありません。

お風呂で使う愛犬のシャンプーを選ぶとしたら、どんな洗い方をしても、皮膚のトラブルになりにくいシャンプー剤が良いと思います。

  1. 皮膚に優しいこと
  2. 泡切れが良くすすぎやすいこと

数ヶ月シャンプーをしていない汚れたワンちゃんを自宅で洗う場合はまた話が違いますが、基本的にはこの2つを満たせば余程問題はありません。ちなみに薬用は殺菌作用があるので皮膚に優しいわけがありません。

ワンちゃんの皮膚は弱い

犬の皮膚は人間の赤ちゃんよりも薄く敏感です。薄い皮膚は細菌が皮膚に侵入しやすく、細菌感染が起こりやすくなります。

また、人間の皮膚表面は弱酸性ですが、犬の皮膚表面は弱アルカリ性のため、アルカリ性を好む黄色ぶどう球菌(悪性菌)が活性化しやすいのです。「膿皮症」の原因菌でヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌です。

人間でもアトピー体質の方の肌はアルカリ性に傾いているそうです。

髪、皮膚、爪など、人や動物の体の表面に当たる部分を構成するのはケラチンというタンパク質なのですが、このケラチンタンパク質は、アルカリ性に弱く、酸性に強い性格を持っています。

つまり、皮膚表面が弱酸性であってもアルカリ性に傾いていても、皮膚の構造的にPHは弱酸性で安定します。

大手メーカーのペットシャンプーも基本的には弱酸性で作られていますが、一部のシャンプーはアルカリ性だったりするので注意が必要です。アルカリ性なので洗浄力はあります。

例えばアトピー体質で皮膚のPHがアルカリ性に傾いているからといって、アルカリ性の石鹸ではなく弱酸性を使うはずです。犬の皮膚、被毛の構造も基本的には人間と同じようなものです。

ペットサロンでは汚れが酷いワンちゃんには洗浄力の強いシャンプー、そこまで汚れていないコには優しいシャンプーなどを使い分けていますが、自宅で使う場合は1本使用になると思うので優しいシャンプーを選んだ方が皮膚トラブルが起こりにくいです。

また、泡切れがよくすすぎ残しの心配がないシャンプーをおすすめします。

以上を踏まえた上で、イソラが家庭用愛犬シャンプーとしておすすめするのは!!

「アニマー湯シャンプー」

アニマーユシャンプー

無添加・無着色・無香料・無公害をコンセプトに多数の臨床を基本として、敏感なペットはもちろん手荒れや皮膚の弱い飼主、トリマーの方にも安全で優しいを追求して開発されたシャンプーです。

楽天、Amazon、公式サイトなど通販でも簡単に購入出来るのがポイント高いです。

アミノ酸系をベースとして、皮膚に刺激となる成分が極力排除されています。泡立ちがよく、泡切れも良いのですすぎ残しの心配もありません。香料は入っていませんが、成分そのものの香りが心地よいです。とても使いやすいです。

無駄な精油、保湿剤、香料などが入っていないので、シンプルで優しいシャンプーです。アニマー湯のコンディショナーとのセット使用がオススメです。

お気に入りのコンディショナーがあればそれを使っても良いと思います。シャンプーはシンプルで優しいものを使って、コンディショナーやトリートメントで仕上がりをよくしてあげる形が安全です。

もしもコンディショナー不要のリンスインシャンプーを使う場合は成分が皮膚に残りやすいので、念入りにすすいでください。乾燥肌が気になるなら洗い流さないタイプのセラミド系スプレーを使ってあげると良いです。

「BOKUMO.シャンプー」

ボクモシャンプー

もう一つおすすめはBOKUMO.シャンプー。

トリマーの間では有名なシャンプーですが、一般的にはあまり知られていないシャンプーです。アニマー湯も非常に優しいですが、さらに優しくコンディショナーもいらないシャンプー。アニマー湯と同じく無添加・無着色・無香料・無公害です。

泡立ちは悪いので、一般的な犬用シャンプーに慣れている方は戸惑うと思いますが、使っているうちに泡立ちの良さ悪さは大した問題ではないと気づくと思います。

現在販売されているペットシャンプーの中で最も優しく、成分も高品質、泡切れがよく簡単にすすげてブローも速乾です。

仕上がりは言葉で伝えるのは難しいのですが、艶っとコシが出る感じです。1週間毎でも洗える優しいシャンプーです。

ただ、楽天やAmazonでは売っていないので、取り扱っているペットサロンからの購入、または直接販売者の方にコンタクトを取るという形になります。

品質はトップクラスですが泡立ちは悪いシャンプーなので、泡が出るポンプ式のフォーマーを使うと洗いやすいです。

強い香料を期待する方には「アニマー湯」も「BOKUMO.」も合いませんが、ワンちゃんに優しいシャンプーを探していて、原料そのものの香りも好きという方はどちらを選んでも満足出来ると思います^^

実際使ってみると原料の清潔で心地よい香りは好きな方も多いはずです。

愛犬のシャンプー選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

メイン取扱シャンプーに「BOKUMO.」が増えました!
現在、当店ではメインシャンプーとして「アニマー湯シャンプー」を使っていますが、新たに「BOKUMO.シャンプー」もメイン用として加える事にしました。BOKUMO.シャンプ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です