ビーグル

  • 英語表記 Beagle
  • 原産国 イングランド(イギリス)
  • サイズ 中型犬
  • グループ 6G 嗅覚ハウンド
  • 体高 33cm~38cm
  • 体重 7kg~12kg

中世のイギリスで、群れで野ウサギ狩りなどをする猟犬として使われてきた犬種。猟犬としてはサイズは小さい部類になります。世界的な人気漫画キャラクター「スヌーピー」のモデルとしても有名です。性格は陽気でやんちゃ。活動性が高く、スタミナ豊富、自立心が強く頑固。探究心旺盛。小さな体のわりに、思いがけないくらい大きな声でよく吠えます。

ビーグルの歴史

世界的に人気漫画のキャラクター、スヌーピーのモデルということもあって知名度の高い「ビーグル」の歴史は古く、紀元前からギリシャでウサギ狩りに用いられていたハウンド系の猟犬にまでさかのぼると言われます。小柄な体なのに勇敢とうことで「小さな体の大きな犬」と呼ばれています。

イギリスでは、エリザベス一世(1533年~1603年)の時代には大きいタイプと小さいタイプの2種類のこのタイプのハウンドがいましたが、人気となったのが体長約22.5cmの小さい犬で、フランス語で「小さい」という意味の「beagle」と呼んだのが、そもそもの名前の由来と言われています。

ビーグルは鋭敏な感覚をもっており最高のウサギ狩りの猟犬と評されていました。その鋭い感覚はブラッドハウンドの血を引いているからとも言われていて、優秀なビーグルは麻薬捜査犬として活躍しています。

ウサギを追う時の「大きな甲高い鳴き声」を発するため猟犬の名残があり、ひとりぼっちになると騒がしく鳴き出す傾向もあるので、無駄吠えのしつけは必須。鳴き声によるご近所への騒音にならないように、仔犬のときからの「ひとり寝」などを含めたしつけが大切です。

少し頑固なところもあってうなったり吠えたりする傾向はありますが、基本的に穏やかで忍耐力に富み、子供の遊び相手としても適しています。

「ウロウロ歩きまわる」のが好きで、勝手にどこかに行ってしまって迷子になることもあるので、散歩中はリードを離さないように注意してください。

ビーグルのサイズ及び外観

  • オスは体高33㎝~38㎝、体重は8kg~9kg
  • メスは体高30㎝~35㎝、体重は6kg~7kg
  • 幅広いドーム型の頭蓋は適度に長く、後頭部はわずかに丸みを帯びている。
  • 耳の位置は高く、垂れ下がっている。
  • 両眼は広く離れて位置し、穏やかな表情を示す。
  • 眼の色はブラウンかヘーゼル。
  • 鼻の色はブラックで鼻孔は大きい。鼻筋はまっすぐで、口吻の先端は角ばっている。
  • 尾の付け根は高く、上方にピンと立ち、わずかにカーブしているが、背中に背負ってはいない。

ビーグルの被毛とお手入れ

輝きと光沢のあるコートは、硬く滑らかな短毛が密生しています。毛色は、ホワイト、ブラック、タンのハウンドカラーが基本で、ホワイトとレモンもあります。

ビーグル犬のコートと肌を健康に保つためには、1週間に1〜2回徹底したブラッシングが必要です。 ブラッシング作業は、皮膚がもっている天然の油を刺激し艶を出し、カーペット、家具、または衣服につく抜け毛の量を減らすのに役立ちます。

ビーグルは短毛では抜け毛も少ない方ですが、やはり抜けます。特別な手入れは必要ありませんが、グルーミングする場合は、皮膚を頭部から尾にかけてマッサージするようにして下さい。入浴は、低刺激性のシャンプーを使いましょう。

カットについて

ショーに出されているビーグルは見栄えを良くするために前胸とおしり部分を綺麗に刈り揃えます。この方はリング内での見栄えを良くするために口周りも剃っているとおっしゃてますね。ペットとしてはそこまでやることは少ないと思います。

ビーグルの健康管理と病気

運動量もスタミナも非常に豊富ですから、たっぷりと一緒に遊んだり運動をさせる必要があります。小さくてかわいらしい外見から、つい甘く見てしまい、後で大変な思いをしたという話もよく聞きます。

食欲が旺盛なので、ガツガツ食べる傾向があります。もともと猟犬なので食べられる時に食べられるだけ食べて、働きだしたら終わるまで働くという犬種ですから、多少食事を抜いても問題はなく、肥満を感じたらむしろ健康には良いぐらいです。

かかりやすい病気としては、緑内障、白内障、進行性網膜萎縮などの眼疾患、椎間板疾患、血液疾患、皮膚疾患などがあります。たれ耳なので外耳炎にも注意しましょう。

  • てんかん
  • 椎間板疾患
  • 股関節形成不全
  • 緑内障
  • 難聴
  • 血友病
  • 白内障
  • 外耳炎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です