[動画]泡風呂シャンプーの様子

泡風呂シャンプー

ドッグサロンイソラではシャンプー時にこすらずに洗う手法を取り入れていますが、その様子をYouTubeにアップしています。

(動画も時々アップしていく予定なので良かったらチャンネル登録してください)

使用シャンプーはBOKUMO.をメインにボンダイ ウォッシュやアニマー湯シャンプーを組み合わせて使うことが多いですね。

動画のように泡風呂のように掛け流しで洗ったり、お風呂に入りきらないサイズのワンコさんの場合はホースからでる泡の粒子で流し洗いをしたり、基本的にはゴシゴシ擦る洗い方はしないようにしています。

お家でシャンプーされている方も、ワンコさんのサイズに合ったバケツを用意してその中で泡を洗ってあげると洗いやすいと思います。体から落ちた泡がバケツに溜まるのでまたその泡を使ってBOKUMO.シャンプーでも経済的に洗えます。笑

ちなみに動画で使っているバケツはスタックストーのLサイズ。2〜3kgの子ならMサイズでも十分な大きさです。

収納バケツ「baquet」は、その「四角いカタチ」から横空間を、「onbaquet」を使いスタッキングすることで縦空間を有効活用。フランス製のおしゃれさも、空間に華を添え...

子犬の場合はBOKUMO.シャンプーのみを使って、泡風呂にせずに、ボディ用の泡立てネットで泡立てて短時間で洗ったりします。

そんな洗い方で汚れは落ちるの?と思うトリマーさんもいると思いますが十分落ちるのですー^^ むしろ擦らないので皮膚・被毛への負担が減らせます。

ただ、もちろんこれだけでは落とせない汚れもあります。

特にペタペタして固まった皮脂はシャンプーでは落としづらいので、クレンジングオイルを使って洗っています。油を触った手をハンドソープで洗っても全然ペタペタが落ちないのと同じですね。

あとは散歩で真っ黒になった足回りの汚れもBOKUMO.では落としづらいです。そんな時はアニマー湯を使って足回りだけ予洗いをして黒い汚れを落としていきます。

アニマー湯はラウロイルメチルアラニンナトリムが主成分のアミノ酸系シャンプー。BOKUMO.はラウリン酸ポリグリセリル-10が主成分のノニオン系シャンプー。それぞれ得意な汚れが若干違います。

どちらも非常に優しいシャンプーですが、洗浄成分のタイプが異なるので使い分けてシャンプーしています。

お家ならBOKUMO.シャンプー一押し!コンディショナーはなくても大丈夫です。ヨーキーやマルチーズなどしっとりまとまりよく仕上げたい時はお気に入りのコンディショナーを薄くつけてあげてもOKです。

もしもホームケアでBOKUMO.を使っても痒がるという方はアニマー湯を試してみてください。

泡風呂でシャンプーしたあとは乾燥対策にBOKUMO.ケアローションで保湿を行ってフィニッシュです!

トイプードルのトリミング

可愛いです。

トイプードルのトリミング2

コンディショナーは使ったり使わなかったりですが、アニマー湯のケアコンディショナーや仕上がりを重視する時はLexy Pets(レクシーペッツ)のコンディショナーを少しつけたり。

もつれやすい子はブロー時にBLOOMのプロテインミストを使ったり、ワンコさんの状態はお客様の好みに合わせて色々と使い分けてトリミングしております。

泡風呂シャンプー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です